急増する観光客あなたはどこに泊まる日本の宿泊事情

>

見直される日本の和の心

忘れてはいけない「おもてなしの心」

訪日観光客が宿泊する施設、旅館とホテルとの割合でいうと生活習慣に合わせたホテルを選ぶ傾向にあるといいます。
みなさんは出張や旅行先で利用しているホテルや旅館の違いを考えたことがありますか?
旅館業法で登録するにはそれぞれ満たさなければならない構造基準があり、宿泊するお部屋が洋室か和室なのかで分けられるだけでなく、お部屋の広さや部屋数、寝具、鍵がかかるかどうか、お風呂の基準などが設けられています。
一般に思う洋室である「ホテル」、和室の「旅館」という認識は正しいのです。
日本ならではの畳のお部屋で靴を脱いでゆったりくつろぐという習慣が、すべての観光客に受け入れられるかどうかは時代の流れで変わってきています。
日本人である私たちも洋室のホテルにあこがれはあるものの本来の和室の良さを知っています。
日本ならではの和室の良さや心地よさである「おもてなしの心」をなくしてはいけないと思うのです。

日本人も見直す古民家の活用と宿坊

昔ながらの落ち着いた雰囲気と、歴史を感じる木のぬくもりを活かした古民家を宿泊施設として利用する動きがあります。
今のところ限られた地域での見直しになっているようですが、空き家になっている古民家をカフェや宿泊施設として再生させることが可能になるので国内外問わず今後の動きに注目しています。
お寺にまつわるパワースポットや、お寺を巡り御朱印を集める人が増えています。
今までは僧侶向けだった宿泊施設を一般の観光客に開放しお寺や神社での宿泊ができるようになりました。
写経や法話、精進料理が味わえるなど観光客に日本の和の心を感じてもらおうと「宿坊」という修行体験がブームになっています。
このように一般の観光客に対して宿泊の選択肢が増えたことで、慢性的な宿泊施設の不足が少しでも緩和されるのではないかと期待しています。


この記事をシェアする