急増する観光客あなたはどこに泊まる日本の宿泊事情

>

観光客から見た日本の魅力と長い滞在期間

訪日観光客向けの宿泊施設って?

宿泊施設を選ぶ基準は?と聞かれて思い浮かぶのは、一泊でサービスが豪華なのか連泊でもそこそこ良いサービスが受けられるか?辺りの選択になると思います。
宿の内容に観光地から近いことや、交通の利便性がついてくるわけです。
訪日観光客向けに建てられた宿泊施設が増えていて、中身が充実していることから海外だけでなく日本人も注目しているとのことです。
内装は日本らしさが感じ取れる和風テイスト、日本では昔の遊びで出てくるようなコマまわしやけん玉遊びなどが体験できるコーナーが設けられていたり、海外の観光客が好むような和装衣装の貸し出しや記念撮影など宿で日本の文化を感じることができるようになっています。
日本人が考える和風と外国人が思う和風は少し違っていて、和風の色が少々強い煌びやかさが海外の観光客には受けるようです。

内装のこだわりイベントもSNSで人集め?

観光地や買い物の情報、宿泊施設についてSNSでの書き込みが増えています。
今やスマホでリアルタイムな情報を発信できるので、不特定多数の人に情報が行き渡る時代です。
文章の情報では言語の違いで伝わらない部分もありますが、写真なら誰が見ても雰囲気や現地の情報が伝わりやすくなります。
安価でもサービスの充実を目指すと同時に、写真映えするような観光スポットやお土産づくりが盛んになっています。
イベントも写真だけではなく最近では動画で見られるようになっているので集客方法として宿泊施設の内装の工夫やイベントなど多彩な内容が宣伝されています。
スマホやパソコンで行きたい旅行先の情報を簡単に手に入れられるようになっていることから選択肢がさらに増えていて、宿泊先の選び方も自由になってきているようです。


この記事をシェアする