おすすめリンク

尾瀬ツアーの魅力

尾瀬ツアーがとても人気です!ツアーの魅力は?みんなどこに魅力を感じているのでしょうか。

魅力あふれる谷口和則とは

仕事はもちろん趣味やスポーツにも熱心になる谷口和則!人間としての魅力が多くの方を惹きつけています

訪日観光客に人気の和を体験できる宿

大きなショッピングモールで首から名札を下げてすれ違う団体御一行様。
話している言葉は日本語ではなくあちこちを指さしながら歩いています。
最近では観光客が大型ショッピングモールで買い物をする姿が珍しくなくなりました。
ショッピングモール内には当然のように日本語の案内板に合わせて英語や中国語が掲示され館内でも無料のWi-Fiが海外の観光客向けに整備されるなどサービスが増えています。
私が知るショッピングモールの付近は宿泊施設がない場所、観光バスで遊びに来ているみなさんはどこに宿を取っているのでしょう。
交通面を考えて市内の交通手段が近い場所にホテル等を押さえているのだと思いますが、宿泊できる部屋数は決まっているはず。
近年は団体の観光客が増え、日本の宿泊事情は慢性的な宿不足とも言われています。
ここ数年で海外からの観光客が増えた原因はなんでしょうか。
一つはLCCが利用できるようになったことです。
これは海外の人に限った話ではなく、国内でもLCCを利用して手ごろな金額で旅行が楽しめるようになりました。
観光庁がアクション・プログラムという内容で2020年までに外国人旅行者数を4000万人と訪日外国人消費額を8兆円という目標を掲げ、取組の一環としてビザの規制が緩和されたことで滞在期間も平均一週間ほど「ついで観光」ができるようになってきました。
長期間滞在できれば別の観光地へ足を延ばすこともできます。
滞在費用としてかかる宿泊費や買い物の代金が一度の旅行で10万から20万円だと考えると観光地にとってはかなりのプラスの効果になるのではと思います。
どうせなら買い物を楽しみたい、日本の観光地だけが目的ではないようで、食べ物や訪日観光客向けの人気家電製品等が充実した免税店が増え違う楽しみ方ができるようになりました。
噛めば噛むほどおいしい日本の観光といったところでしょうか。
日本の宿泊施設の傾向を調べてみました。

観光客から見た日本の魅力と長い滞在期間

手ごろな金額で日本の文化も感じることができる、訪日観光客や日本人も遊べる宿泊施設が登場しています。 内装は観光地の有名どころを説明、SNS映えする観光スポットやお土産づくりで盛り上がっています。 昔の日本の遊びも宿泊先ではちょっとした日本を体験できるイベントとして訪日観光客に人気があるようです。

観光客が旅行先で求めるものとは?

急増してきた観光客に対し都心部を中心に新しく建てられる宿泊施設も多いのですが、それでも慢性的な宿泊施設の不足を解消するに至っていません。 そこで規制緩和され着実に増えている民泊は救いの一手になるのでしょうか。 観光客が旅行先で求めているものは?今の宿泊施設や観光地に足りないものを考えてみました。

見直される日本の和の心

現在の住宅事情からも洋室が好まれ、旅行先でも慣れたお部屋でということでホテルを選ぶ観光客が多いといいます。 一方で時代を感じさせる古民家を改修して宿泊施設として活用し、また近年のパワースポットブームや歴史を巡るツアーなどに人気が出てきて新しいものが増えていく中でも日本の和の心が見直されてきています。